メニュー

感染対策について

<インフルエンザワクチン>

65歳以上 (慢性の高度心疾患、呼吸器疾患、腎疾患などの方は60-64歳) の方は、10月1日からご案内可能です。

今年度は、その日のうちに接種できます

(中学生以上が対象となります。)

 


<新型コロナウイルス関連>

咳や37.5度以上の発熱方は、受診前に必ず電話をお願いします。

また、強いだるさや息苦しさがある方発熱あるいは呼吸症状のある方との濃厚接触のある方2週以内にバー、ナイトクラブ、カラオケなど密閉空間の施設を利用した方2週以内に渡航歴がある方についても、所管の保健所(杉戸、幸手、宮代、久喜は幸手保健所 0480-42-1101)、および県民サポートセンター (0570-783-770) へのご連絡をしてからお電話をお願いします。

大変ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

 

*現在、埼玉県でも新型コロナウイルスの感染が広がっております。

*当院は、新型コロナウイルス感染症のリスクである、高齢者や免疫抑制剤を使用している膠原病の患者さん等が多くいらっしゃいます。

*新型コロナウイルスは、強い感染力があると言われており、通常の診察とは時間を区切ることが推奨されています。上記に該当の方は指定した時間に来院していただきます。

*患者さんと医療スタッフの新型コロナウイルス感染症の相互の感染を避けるためにも、当院では、咳や発熱患者さんに個人防護具(サージカルマスク、手袋、ゴーグル、医療用帽子など )を着用しての診療を行っております。

*通常診察でも、マスク着用・適宜での手袋やゴーグルなどの着用、診察ごとの手指消毒をしています。

*待合室の椅子は、一席ずつ間隔をあけてのご利用になります。

*換気のため天窓などを開け、院内に空気の通り道ができるようにしております。エアコンで調整していますが、それでも待合室が適温にならないことがあるため、適切なご準備でご来院ください。

発熱以外で受診される方も、事前に体温測定をお願いします。

お知らせ

インフルエンザ予防接種 (2020年度) [2020.09.07更新]

65歳以上 (慢性の心疾患、呼吸器疾患、腎疾患などの方は60-64歳) の方は、10月1日からご案内可能です。

今年度は、当院では当日接種可能です。

(中学生以上が対象となります。)

感染対策について(追記) [2020.09.02更新]

新型コロナウイルスの検査について追記です。

医師が必要と判断する場合、医師会のPCRセンターの予約を取ることがあります。

休診について (お盆休み以降) [2020.06.14更新]

8月11日 (火曜日) 〜 8月15日 (土曜日)

10月31日(土曜日)

休診といたします。

5月連休について [2020.04.28更新]

5月3日、4日、5日、6日 は、暦通り、当院はお休みとなります。

感染症対策について [2020.04.11更新]

 新型コロナウイルス対策のため、手袋、マスク着用など使用しており、今後も状況次第で予告なしで対応を変えることがあります。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願いします。

 当院ではPCRの検査 および検体採取はできません。所管の相談センターとの相談をお願いします。

4月1日からの変更 [2020.02.24更新]

2020年4月1日より、次のように変更になります。

月曜日午前と水曜日午前は院長と副院長の2診体制

になります。(待ち時間の改善のため)

*午後(月、水、木曜) の終了時間が

 18時→1730分最終受付1745終了

 に変更となります。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 [2020.01.30更新]

特別なご縁をいただき、令和2年2月より宮城現院長よりクリニック を承継させていただくに至りました。

4月より、「あけぼの内科リウマチ科クリニック 」へと改称予定です。宜しくお願い申し上げます。

当院で行っている治療

  • 一般内科、生活習慣病、骨粗鬆症
  • 関節リウマチ、膠原病
  • 気管支喘息や花粉症などのアレルギー疾患
  • 睡眠時無呼吸症候群におけるCPAP治療 ( CPAP導入と導入前検査は他院に依頼しています)

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

交通案内

〒345-0025
埼玉県北葛飾郡杉戸町清地4丁目10−24
東武動物公園駅から徒歩15分
大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
9:00〜12:30
14:30〜17:45
(17:30 受付終了)

休診日:日曜日 祝日

地域連携

東埼玉総合病院、自治医科大学附属病院など、地域の病院と病診連携をしております

(難しい経過の方の併診、内視鏡及びCT、エコーなどのフォローなど)。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME